Acid Black Cherry「解散するのか?解散しないのか?」考察!

多くの人に人気のAcid Black Cherry。yasuさんが率いるAcid Black Cherryは年々人気が上昇しています。そんなAcid Black Cherryなのですが、「解散するのかな・・・?」と解散について色々考えている人が多々。というのも、Acid Black Cherryのyasuさんは元々Janne Da Arcのヴォーカル。Janne Da Arcは今、活動休止中ですが、Janne Da Arcが復活したら=Acid Black Cherryが解散になると思うからです。今回はAcid Black Cherryの解散について色々考えていきましょう。

Acid Black Cherryの解散について

結論から言いますと、Acid Black Cherryはまだまだ解散しないと考えられます。Acid Black Cherryは人気が落ちるどころか、年々上がっていますし、売り上げも好調。さらに、2017年は10周年という年ですので、2017年で勢いをつけてもっともっと盛り上がっていくと予想できるからです。

人気があるのにも関わらず解散するというのはかなり考えにくいですから。ただ、Acid Black Cherryファンからしたらかなり複雑な気分のはず。Acid Black Cherryが解散しなくて嬉しいのは当たり前ですが、そうなるとJanne Da Arcの復活がまだまだ先になるということ。それもそれで・・・。

Acid Black Cherryには解散してほしくないし、Janne Da Arcには復活してほしいし・・・多くのファンは矛盾の感情が芽生えてしまうでしょう。

Acid Black CherryとJanne Da Arcを2つ兼用すれば!?と考える人もいるかもしれませんが、それは相当ムリがあります。1つのバンドを運営していくだけでも相当な労力が必要なのに、それが倍になる・・・。不可能ですよね・・・。必然的に、片方,もしくは両方のクオリティが下がってしまうことは避けられないでしょう。

となると、ファン離れや売上低下は避けられません。ですので、2つを兼用するということは先ずないかと・・・。

私の知っている某Aバンドがあるのですが、そのAバンドは数年前に活動休止しました。(現在は復活)Aバンドが活休中、Aバンドのヴォーカルは新たなバンドを組み、Bバンドとして活動。これは自分のスキルを高める為だったり、Aバンドにはないカラーでの音楽をやってみたかったからでしょう。

Bバンドもそこそこ上手くいっていましたが、Aバンドが復活することになり、Bバンドは現在放置状態。Aバンドで一杯一杯でBバンドに手を付けている余裕は一切ない状態なのです。Aバンドの曲作りやライブ、インストなど、スケジュールはビッシリ詰まっていそうですし・・・。

いっそのこと、放置しているBバンドを解散してしまえばいいのに・・・と思っている人は少なくないはずです。実際、Bバンドに在籍していたメンバーは2人、Aバンド復活と共に脱退しましたからね。ヴォーカルがBバンドで活動できない以上、Bバンドにいる意味はほぼないでしょうから・・・。

このように、実際に2つのバンドのヴォーカルとしてバンドを持っている人はV系の中にいますが、上手くいきません。Acid Black CherryとJanne Da Arcの兼用も出来ないというわけです。Janne Da Arcの復活となったら、Janne Da Arcの新曲,ライブ,インストなどなど、かなり大忙しになるのは目に見えています。

また、yasuさんはAcid Black Cherryで自分の好きな音楽を自由に作成出来る最高の環境にいます。Acid Black Cherryはyasuさんのソロプロジェクトですので、作詞作曲から全てyasuさんが担当してきましたし、サポートメンバーなんかの手配もyasuさんが。

Janne Da Arc時代ですと、レコード会社からの要求が色々あったに違いありません。段々、万人受けするようにPOPな曲になってきていましたし・・・。どのV系のアーティストもほとんど当てはまるのですが、インディーズ時代はロックで激しくカッコいい感じだったのが、メジャーデビューしてからPOPよりになったりしますよね?その為、新しいファンは獲得できますが、昔からのファンが離れる傾向にあります。

バンド側からしたら新規のファンが加わるのは嬉しいことですが、それ以上に、昔から応援してくれていたファンが離れてしまうのは悲しいはず。自分たちの音楽が変わってしまったせいで・・・と思い悩むバンドマンは少なくないはずです。

かといって、CDなど売り上げを上げていかなければ支えてくれるスタッフや家族などを養っていけない。ファンのことと同時に、スタッフや運営側の生活のことも考えていかなければならないのはかなり辛い部分ですよね。まさに板挟み状態なのでしょう。

そんなyasuさんはAcid Black Cherryをバンドとしてではなく、ソロプロジェクトとして活動していく結果にしたのだと思います。自分の好きな曲を作れて、ファンの期待にも応える。そして、かなり頑張ってきてくれたので売り上げも上々。スタッフや運営側の生活の面でも支えていることでしょう。

最高の環境にあるAcid Black Cherryをそう簡単に解散にはできない・・・そう思ってしまいます。

とは言うものの、yasuさんもJanne Da Arcでの活動をしたいと思っているはずですので、いつかは復活してくれるのでは!?とファンは期待。ファンに対し、お前ら以上にJanne Da Arcのことを愛しているとyasuさんは発言していますしね!

Janne Da Arcはいつか復活する!けれど、まだまだ当分はAcid Black Cherryでの活動がメインになるのでは?と、このように感じています。

これからも心の片隅でJanne Da Arcの復活を願いつつ、Acid Black Cherryを全力で応援してあげましょう!今、活動しているのはAcid Black Cherryですので、yasuさんからしたらAcid Black Cherryを精一杯応援してくれることが何よりも嬉しいのではないでしょうか?

コメント

    • シャンデラ
    • 2017年 6月 03日

    確かに今年はyasuにとってAcid Black Cherryの10周年で大切な時期なのはわかりますが、Janne Da Arcは15周年、20周年は触れられもしなかったのです。

    ABCのファンにはJanne Da Arcの頃からのファンも大勢います。そして公式動画のコメントには年々Janne復活への願望や、現状への不満が増えてきているのです。
    ABCだけでやっていくにしろ、Janneを再始動させるにしろ何かしらの形でファンにJanne Da Arcのyasuとしてケジメをつけなければならない時が来ているのではないかと思います。

    個人的な予測なのですが、ABCの10周年という記念すべき年であるのに活動が消極的なのは、yasu自身がJanneのファンに少し申し訳ない気持ちがあるからなのでは?と思っています。
    ABCがJanne Da Arcのソロ活動としてスタートさせた物である以上、Janneを放置し続けることはどちらの活動にも重く響くのではないでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ABC情報局@Team ABC

PAGE TOP